hiroseki's blog

旅行とオススメのレストランをご紹介。現在Googleローカルガイド · レベル6。レベル10を目指しています。

ESTA(エスタ)がなくて飛行機に乗れなかった体験談

 

前日、トランジットのためソウルで一旦降りて、私と娘はソウルを観光。

この日は意気揚々と仁川空港で、夫と息子と合流。

ホッとした私。

 

さて、WDW(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)のあるオーランド行きへのチェックインを済ませようとアシアナ航空の列に並びます。


 

ESTA(エスタ)って何??

そして、チェックインの手続き。

すると、お姉さんが、神妙な顔で

「ESTAは持ってますか?」と。

 

「えっ?ただの観光だし、持ってません。」

という私。

 

「ESTAがないと渡航できないので、詳しくはここのサイトを見てみて。チェックインは、17:15まで。それまでに取得できないと渡航できません。」

と言って渡されたこの紙。

f:id:hiroseki:20190502010517j:image

 

17:15まではあと25分ぐらい。

もう頭の中が真っ白です・・・

 

ESTAがないから、飛行機に乗れない!?

ESTAとは、アメリカへ入国する際の、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization、略称:ESTA)。

 

最近、アメリカには旅行していないし、個人旅行で手配したので、お恥ずかしながら、そんなことを全く知らなかったのです。

 

ずっと楽しみにしていた旅行。

頭の中で、行けないという最悪の事態がグルグル駆け巡ります。

 

この短時間で申請できるのか。

動揺する気持ちを抑えて、スマホで申請を始めます。

 

その場でESTAを申請

日本語の申請サイトがあるとはいえ、家族4人分の入力。

滞在先の州や郵便番号など、すぐに出てこないので、色んなことを調べながら入力していきます。

 

一番困ったのは、滞在先の市区町村の入力。

私の泊まるホテルの住所に書いてある、Lake Buena Vistaを入力しても該当がないというエラー。

何度試してもうまくいかない。

 

結局、エラーになっても二回ぐらい次へのボタンを押すと、該当がないけどいいか?と聞かれるので、チェックを入れると次に進めました。

 

しかし、申請途中に搭乗締め切りの17:15が過ぎてしまいました。

飛行機に乗れなかったという現実・・・

 

でも、せっかくなのでとりあえず申請を進めて、申請が終わったのが18:00ぐらい。

思ったより時間がかかりました。

 

申請承認後の確認メール

申請が終わると

「ESTA Application Number」

という件名で、確認メールが届きます。

 

そこにESTAのURLと、application number(申請番号)が書いてあるので、URLをクリックして、必要項目を入力。

申請状況を確認します。

f:id:hiroseki:20190505200638j:image

 

ESTA承認にかかった時間は?

ESTAの申請が許可されるのを待ちます。

基本的には、渡航の72時間以上前に申請するように書いてありました。

ネットで調べると、すぐに許可されたとか、30分ぐらいかかったとか、保留になったとか色々な説がありますが、申請状況の画面を何度も更新して許可を待ちます。

 

40分後ぐらいに、

「認証は承認されました」

の文字が!

 

とりあえずホッとしました。

f:id:hiroseki:20190502173926j:image

 

アメリカへ行きの許可は降りたとして、まだまだやらなければならないことが。

飛行機チケットの再手配と、今日泊まるソウルのホテルの予約です。

 

飛行機に乗れなかったので、今日泊まるホテルの予約

その時、19:00過ぎだったので、とりあえず今日泊まる空港に近い送迎付きのホテルを予約。

ホテルにメールすると、すぐにバスがきて、ホテルまで10分ぐらいで着きました。

 

空港近くのホテル Hotel Queen

 

家族4人で泊まれて空港に近いホテルを選んで、こちらに泊まりました。

f:id:hiroseki:20190502174515j:image

f:id:hiroseki:20190502174520j:image

動揺して、写真を撮る余裕がなかったので、写真はエクスペディアより。

 

ホテルに到着。遅い夕食へ。

こちらのホテル、前日に泊まった東大門のホテルより安い1万円ぐらいなのに、空港寄りのせいか、すごく広くてジェットバスやミストサウナもあり快適でした。

 

ホテルに着いたのが、21:00なので、そのあとフロントの人に美味しい焼肉のお店を聞いて夕食へ。

ホテルの周りは飲食店も沢山ありました。

f:id:hiroseki:20190502175034j:image

 

名前はわかりませんが、ホテル近くのお店でサムギョプサル。

地元の人だらけのお店です。

 

夫と息子は初めての韓国なので、出てくる野菜の量や、韓国流のサービスにビックリしながら美味しいサムギョプサルを食べました。

 

こんな事態になったにも関わらず、家族の誰も文句を言わないことに感謝をしながらご飯を食べます。

 

高1の息子は「アメリカに行ったらこんなに野菜は食べられなかったし、今日行かなくて良かったじゃん。」と。

なんてよい息子でしょう。

 

焼肉を食べた後は、韓国のコンビニを見て楽しみ、お酒やアイスを買って部屋に帰りました。

f:id:hiroseki:20190502175637j:image

 

さて、部屋に帰り、次の日にオーランドに行けるのか検索。

結果、航空券は取れそうなのですが心配なことが。

 

行きに乗れなかった飛行機の、帰りの航空券は有効?無効?

ふと、こんな話を夫としたのですが、夫は帰りは有効でしょと。

調べてみると、往復で買っているから、行きがキャンセルになった時点で、先も無効になるとの書き込みが。

 

アシアナ航空に連絡しますが、時間外で繋がらない。

仕方ないので、明日の朝早く空港に行き、直接アシアナのカウンターで聞くことにしました。

 

次の日、オーランドに向けて再出発

朝7時のバスに乗り空港へ

アシアナのカウンターで、行きのフライトに乗れなかったが帰りは有効か聞きます。

 

すると、やはり行きがキャンセルになった時点で帰りの航空券も無効だとの答え。

詳しくは、旅行会社に聞いてみてと。

 

ただ、私は一切変更できない格安航空券を購入していたので、この時点で諦めます。

 

この時点で、約60万円を捨てたことになりました。

 

本当に無知なことは、怖いですね。

でも、不幸中の幸いは、行きの片道航空券だけ を再手配しなかったこと。

 

もし、昨日、行きの片道航空券だけ再手配していたら、また帰りに片道を買わなければならなくて大騒ぎになります。

これには気づいてよかったです。

 

あと、私は

東京ーソウル、

ソウルーオーランド

を別々に購入していたので、東京ーソウル間は捨てずに済みました。

 

まぁ、そもそもこんな失敗をしている時点で、東京からソウルにわざわざ来て、旅費を安くしたことも無効になってしまいましたが。

 

しかも、ソウルでこんなトラブルがあったので、少ししか話せないのにすべて英語でのやり取り。

日本でトラブルがあっても安心ですが、海外で何か起こった時は英語が話せないと困りますね。

 

気を取り直して空港でオーランド行きの航空券購入

昨日、調べてあったユナイテッド航空の航空券をスマホから予約。

無事、手続きが終わり、Eチケットが来ないままカウンターでチェックイン。

 

しかし、まだ航空券が確定していないので1時間後にカウンターに来てと。

また不安がよぎります。

 

ここでも、何度もユナイテッド航空の予約確認画面を更新したり、メールをチェックしたりしますが確定しない・・・

 

1時間後、またカウンターに行くと、お姉さんの険しい顔。

 

やはり確定していないとのこと。

でも、このお姉さんがすごく優しくて、電話で確認してくれたところ、クレジットカードがエラーになっているので、別のカードはあるかと。

別のカードで、再度決済したところ無事通りました。

 

お姉さんの笑顔に、本当にホッとした私たち。

これでオーランドに行ける!!!

 

これだけのことがあったので、心の中では、本当に行けるのか、この時でも不安は沢山ありましたが、とりあえず航空券はとれてよかったです。

 

アメリカへ向けて韓国を出国

出国審査も無事終わりました。

何かあると怖いので、早めにゲートへ。

飛行機が見えてきました。

f:id:hiroseki:20190502182001j:image

 

そして、無事搭乗。

直前にも関わらず、機内はほぼ満席だったのに、並び席にしてくれました。

 

はじめてのユナイテッド航空でしたが、なかなか快適な旅でした。

f:id:hiroseki:20190502182357j:image

 

約11時間飛行して、乗り継ぎのサンフランシスコへ。

ここで、またある出来事が。

 

サンフランシスコでの乗り継ぎ

乗り継ぎの時に、機内持ち込みの手荷物を預けてしまった!!(ll゚д゚ll)

 

乗り継ぎの時に、一旦バッゲージクレームでスーツケースを受け取り、そこから国内線に乗り継ぐのですが、その途中に、スーツケースの検査がありました。

 

スーツケースを渡した後に、スーツケースが出てこないことに気づきます。

そう、これは検査ではなく、次の便に預ける荷物だったのです。

 

私は自分のスーツケースを機内持ち込みしていて、何もタグが付いていない状態だったので、その係の人に言うと、移動した国内線ターミナルで聞いてみてと。

 

移動した先の、手荷物検査の人に聞くと、そのままで大丈夫と。

本当か不安になり、国内線のユナイテッド航空のカウンターでも聞いてみます。

 

すると、4つ荷物を預かっているが合っているか?と。

4つ、合っています!!

 

実際、現地に着いてみないと分かりませんが、とりあえずここでもホッとしました。

 

もし!スーツケースぐらい受け取れなくても、なんとか過ごせる。それよりも無事オーランドに行きたい。

 

この時は、こんな気持ちでした。

 

サンフランシスコの空港では、娘が大好きなNBAゴールデンステート・ウォリアーズのグッズも沢山売られていて、サンフランシスコ気分を少し味わえました。

f:id:hiroseki:20190502183351j:image

f:id:hiroseki:20190502183406j:image

 

サンフランシスコからオーランドへ

ここからは5時間ぐらい乗ります。

国内線でテレビも付いていない機体だったので、ひたすら寝てオーランドに到着!

 

バッゲージクレームのあるところまで、ほんのわずかな区間、モノレールで移動します。

f:id:hiroseki:20190502183519j:image

 

快晴です!
f:id:hiroseki:20190502183515j:image

 

この後、バッゲージクレームでは、私の荷物が見えて一安心。

航空会社の荷物タグもきちんと付いていました。

おそらく、ネームタグが付いていたので、無事受け取れたのかなと思います。

 

空港では国内線なので、何も検査などはなく出られました。

 

やったー!!

無事オーランドに到着!!

 

Uberでホテルへ

次は予約していたホテルへ向かいます。

私たちはディズニー提携ホテルではないので、シャトルバスがありません。

Uberを呼んで、2階の出口を出たところで待ちます。

無事、運転手の方とも会えてホテルへ。、

f:id:hiroseki:20190502184346j:image

 

Uberの金額は44ドル。

乗車後、Uberでチップを払う仕組みになっていました。

 

そして、

ホテルにチェックイン!

f:id:hiroseki:20190502184305j:image

 

前日から沢山の出来事がありましたが、無事ここまで来られてよかった!

 

ESTAのこと、教えてあげてください!

どなたかのブログに、アメリカに旅行に行くと言う方が周りにいたら、

「ESTAは申請した?」

とお節介でもいいから聞いてあげてと書いてありました。

私も本当にそう思いますし、今度周りにそういう方がいたら聞いてみようと思います。

 

そして、旅行は下調べと準備が必要!

私はいつも個人旅行で手配していて、ロンドンにも一人で行って何もトラブルがなかったので、海外旅行を甘くみていたのだと思います。

 

これからは、どんな国に行くときも、下調べをして、準備万端にしようと気持ちをあらためました。

 

帰りも無事、日本に帰れることを願って楽しみたいと思います!