hiroseki's blog

旅行とオススメのレストランをご紹介。現在Googleローカルガイド · レベル6。レベル10を目指しています。

羽田ー北九州ーソウルの旅

GW10連休、フロリダのウォルトディズニーワールドーに行くトランジットで韓国に寄りました。

 

韓国乗り継ぎを入れることによって、すごく安くなるのは、前の記事にも書きましたが、韓国までの直行便航空券をとろうと思ったらすごい高い!

 

仕方なく、

羽田ー北九州 [スターフライヤー]

北九州ーソウル [JINエアー]

というチケットを取りました。

 

航空券を取った時は、

羽田ー北九州 [ANA]

北九州ーソウル [大韓航空]

という大手だったので取って、たしかに便名はANAなどの便名なのですが、運行はLCCということです。

Travelgenioでとった航空券は無事とれているか?

Travelgenioという海外航空券サイトで取ったので、そもそも予約が取れているか心配だったのですが、Webからは予約確認をしようとしたら出来ない…

 

不安なまま前日になり、ANAに電話をしてみると、きちんと予約が取れていて、座席指定もできました。

 

北九州からソウルは大韓航空なので、ANAとは関係ないですが、予約が入っているということはANAの方が教えてくれました。

 

旅行当日

航空券は、予約時にEチケットが送られてきて、その後は何もメールが来ないので、ターミナルなどは自分で確認しておかないといけません。

スターフライヤーはANA系ですが、ターミナルは羽田空港第2ではなく第1ターミナルです。

 

GW初日ということで混んでいるかと思いましたが、チェックインも空いていてスムーズ。

 

ラウンジはANA系列はないので、クレジットカードラウンジを利用。

眺めがすごく良かったです!

f:id:hiroseki:20190427213511j:image

 

そして、スターフライヤーに初搭乗。

黒の機体で、中も広々。

映画とかは見られませんが、テレビもついていて、ドリンクも出ます。

f:id:hiroseki:20190427213648j:image
f:id:hiroseki:20190427213643j:image

 

1時間半で北九州空港に到着。

 

北九州空港での長い乗り継ぎ待ち時間は、どう過ごす?

レストラン

レストランは4件ぐらいありますが、ゆったり出来そうなところに入りました。

 

娘は焼うどんで、私は焼き瓦そば。

店の名物らしきものを頼んだのですが、どちらも美味しくて正解でした。

f:id:hiroseki:20190427213749j:image

 

足湯

その後は、空港内でまだ4時間ぐらい暇つぶししないといけないので、レストランのすぐそばにある足湯へ。

中学生以上は1人100円。

晴れていたので、海の見える最高の眺望を見ながら、貸切状態でゆっくり暖まれました。

f:id:hiroseki:20190427214058j:image
f:id:hiroseki:20190428155036j:image

 

図書館風のフリーデスク

空港から出て観光しようかとも思ったのですが、疲れそうなので、空港内でさらに暇つぶし。

意外と机と椅子が色んなところに置いてあり、図書館風の広々したデスク12席を発見!

f:id:hiroseki:20190427214335j:image

 

電源も沢山すぎるほどあります。
f:id:hiroseki:20190427214344j:image

ここで3時間ぐらい、私は仕事、娘は動画を見たり宿題をやったりして、あっという間に時間が過ぎました。

 

北九州空港からソウルへ

そして、JINエアーに搭乗。

ここからは、GWらしくそれなりに混んでいました。

LCCは搭乗手続きにとにかく時間がかかりますね。

f:id:hiroseki:20190427214508j:image

f:id:hiroseki:20190427214641j:image

機内はLCCという感じですが、1時間の飛行時間なので何も気になりませんでした。

 

ソウルに到着!

仁川空港からバスで東大門へ

空港の到着ロビーを出るとすぐに、バスチケット売り場と、チケット販売機があります。

チケット販売機は日本語対応もしていますが、行きたい目的場所を探すのが大変だったので、売り場で買うことに。

 

「東大門に行きたい。」と英語で言うと、

「どこのバス停?」

と聞かれるので、

「東横イン」と言うと、すぐに発券してくれました。

f:id:hiroseki:20190428154011j:image

 

泊まるホテルは、東横インではなく別のホテルですが、事前に東横イン前のバス停で降りればよいか調べておいたのでスムーズでした。

料金は14,000ウォン(約1,400円)。

仁川空港のバス停は、金浦空港と比べてすごく大きいので、バス停も横にすごく長いです。

f:id:hiroseki:20190428154119j:image

 

私たちは5Bというバス停なので、そこを目指して歩き、チケットに書いてある6001の乗り場前で待機。

f:id:hiroseki:20190428154058j:image

 

東大門行きは、最終23時まで、1時間に3、4本のバスが出ています。

f:id:hiroseki:20190428154245j:image

 

以前に来た時は、最終のバスに乗りましたが、安全でした。

バスの中は横3列で、立派な広い座席。

これで1時間ぐらいの道のりを約1400円。

日本にもこういうバスがあったらいいのになと思うほど、乗り心地がいいです。

f:id:hiroseki:20190428154352j:image

 

途中、綺麗な夜景を見ながらホテル前のバス停に到着。

f:id:hiroseki:20190501194537j:image

 

東大門での夜中にショッピング

この後、22時ぐらいから、夜中やっている街、東大門(トンデムン)にショッピングに行きました。

Tシャツ500円ぐらいから、靴、洋服など、とにかく安いファッションビル。

掘り出し物が沢山見つかります。

f:id:hiroseki:20190501190725j:image

 

ドラックストアでは、パックの種類がすごい。

f:id:hiroseki:20190501190958j:image

 

娘が、インスタで評判がよいと言っていた、緑のMEDIHEALのTeatreeパックを購入。

f:id:hiroseki:20190501191327j:image

 

写真では伝わりづらいですが、夜中でも人が多いので安心です。

f:id:hiroseki:20190501191952j:image

 

業者さんも買いに来る服飾系の市場に行こうかとも思ったのですが、疲れているし次の日もあるのでやめておきました。

お腹もすいていたのでご飯。

やっぱり韓国に来たら、辛いものを食べないとと思って海鮮ちゃんぽんを注文。

辛いもの好きの私でも辛かったです。

f:id:hiroseki:20190501191839j:image

 

東大門のホテル イビスバジェットアンバサダーソウル東大門

ホテルに帰ってきたのが夜中の2時ぐらい。

いくら夜中やっている街とはいえ、さすがに夜中なので、東大門のショッピングから出来るだけ近くて、寝るだけの部屋にしました。

 

ibis budget Ambassador Seoul Dongdaemu

イビスバジェットアンバサダーソウル東大門

本当に寝るだけの部屋で、シャワーもボックスの中にシャワーが付いているだけという感じですが、寝るだけと割り切れば大丈夫でした。

f:id:hiroseki:20190501192550j:image
f:id:hiroseki:20190501192554j:image

 

明洞でショッピング

次の日は、日本でいうと原宿と渋谷のような街、明洞(ミョンドン)に電車で移動。f:id:hiroseki:20190501192849j:image

 

明洞は、東大門より激安で流行りの服が売っているので、またひたすら買い物をしました。

昨年の夏、娘をはじめて韓国に連れてきてから、娘はカフェやコスメ、洋服が沢山ある韓国が大好きになり3回目の韓国。

だいたいお店は分かるので、好きなお店をまわっていきます。

 

韓国コスメのお店です。

韓国コスメは、安いし種類も豊富。

パッケージもかわいいので、日本より進んでいるなと毎回思います。

見ていて飽きないです。
f:id:hiroseki:20190501192830j:image

 

その間、Cafe de Parisのスイーツを食べたり、

f:id:hiroseki:20190501193618j:image

 

お粥を食べたりしました。

f:id:hiroseki:20190501195728j:image

よく週末の弾丸韓国旅行の記事を見かけますが、1日ぐらいでも意外と満喫できるなーと思いました。

 

明洞から仁川空港へ移動

14時ぐらいに明洞から仁川空港へ向けてリムジンバスに乗りました。

ゆったり座席で景色も綺麗なので、あっという間に空港に到着。

f:id:hiroseki:20190501193817j:image

 

日本から合流する、夫と息子を待ちます。

この後、私のミスにより本当に大変なことが起きるのですが、この時はのんびりしていた私でした。

続きは次の記事で。